HOME > 採用情報 > ドライバーの仕事について

採用情報

ドライバーの仕事について

チルド、ドライ、フローズン等の温度帯を管理し、商品を安全、安心、確実にスーパー、コンビニエンスストアのセンターへ配送、製造工場からの商品引取輸送、当社拠点間の輸送をする仕事です。 トラック

仕事の流れ(一例)

乗務前点呼
その日初めて乗務する前に、対面により乗務前点呼を実施し、日常点検の報告や、健康状態・酒気帯びの有無についての報告・確認を行います。
検品
商品を積み込む前に納品伝票と照合し、検品を行います。

積み込み
検品終了後、商品を積み込みます。
配送
納品先へ向けて出発します。
納品
納品先にて荷卸し及び納品をします。
帰着
営業所へ帰着し、乗務後点呼で、乗務した道路・運行の状況の報告や、酒気帯びの有無について確認します。

教育制度

新人乗務員研修
新規採用者に対し、ドライバーに課せられている社会的責任としての安全運転の基本知識や交通事故等のドライブレコーダー映像を活用し、危険予知トレーニングを行います。
添乗指導
ドライバーとして望ましくない運転習慣がないかを確認し、安全運転の基礎となる「正しい運転姿勢」「正しい運転方法」、会社が求める「正しい運転態度」等を添乗指導により定着させます。
運転適性診断
ナスバネットにより自動車の運転に関する長所、短所といった「運転のクセ」を様々な測定により見い出し、それぞれのクセに応じたアドバイス診断を受けることで、交通事故防止に活用するものです。

免許取得制度

当社には『運転免許取得支援制度』があり、入社後中型免許あるいは大型免許を取得した方に免許取得に要した費用を補助しています。