HOME > IR・財務情報 > ディスクロージャーポリシー

IR・財務情報

ディスクロージャーポリシー

基本方針

当社は、金融商品取引法並びに関係諸法令、東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」等(以下「適時開示規則」)に従い、情報開示を行っております。

また、適時開示規則に該当しない情報についても、株主、投資家の皆様の理解の一助となると判断した情報については、迅速、正確かつ公平に情報開示を行うことを基本方針としております。

情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所への事前説明の後、東京証券取引所の適時開示情報システム(TDnet)を利用して公開いたします。その後、出来るだけ速やかに当社ホームページにも同一情報を掲載しております。

将来の見通しについて

当社の開示情報のうち、過去の事実以外のものは、現時点で入手不可能な情報に基づく当社の判断による見通しであり、経済情勢、市場動向等の外的要因により、これらの見通しとは大きく異なる結果となりうることを予めご了承ください。

また当社の業績、企業価値等を検討するに当たっては、これらの情報に全面的に依存されることは控えて頂けるようお願いいたします。

沈黙期間

当社は、決算情報の漏洩を防ぎ公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表までの一定期間を「沈黙期間」としております。この期間内は決算に関連するコメントやご質問等に関する回答を控えております。ただし、「沈黙期間」中に予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、適宜、情報開示を行うこととしております。

ホームページご利用上の留意点

当社ホームページに情報開示する際には細心の注意を払っておりますが、その内容の正確性を当社は保障するものではありません。適時開示規則により開示が求められている情報につきましては、あくまでも補助的手段であります。これらに準拠して情報開示が行われる有価証券報告書、臨時報告書並びに適時開示情報システム(TDnet)等も併せてご覧下さい。

ホームページに掲載された情報を利用したことに生じたいかなる損害に対しても、当社は一切の責任を負いません。また、予告することなくホームページ上の情報を変更を行うことがありますので、予めご了承ください。